おおこしゆうや
http://nomionomikonomizo.blog80.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
【愛馬2頭近況】残暑お見舞い申し上げます
2010-08-21 Sat 02:04
バテ気味です。

でも、日曜日に某子供番組のスペシャルステージを見に、大阪城ホールまでいってきます
チケット、気づくの遅くて、結局オークションで取りました(最終的には直接取引だけど)

なんか、人間模様が垣間見たような・・・そんな数日間でした・・・(遠い目)

あまりの暑さに更新が途絶えてましたが、日曜日にお嬢様がデビューしまっす!
入厩して間もないんですが・・・育成牧場で乗り込まれていたのもあるし
勝率にこだわる藤原センセですから、何かしらの勝算はあるのかな?とか思ったり・・・

でも、ヤネのフルキチ騎手は、もうすでに「次」がいいでしょうとか言ってるし(涙目)

とにもかくにも、無事に走ってくれたらいいです!(あ、でも5着以内ならなおよろし←ぉい)

【ウイントゥルーラヴ】

08/18(水) 札芝 良 古川 6F ~82.8~65.8~51.5~36.5~11.4 (7) 一杯追う
併せ馬/ 直線併せの内、外古馬OPエアジパング馬なりに1馬身半遅れ。

 今朝の札幌競馬場、馬場開場時間午前5時半の気温20度、天候は晴れ。お盆が過ぎたら秋風が吹く、というのは本当のようで、先週とは打って変わって爽やかな朝になっています。馬場状態は「良」です。
 今週の札幌日曜3R芝1200mでデビュー予定のウイントゥルーラヴは、先週末日曜日の追い切りで年上馬を相手に半馬身の先着で能力の一端を披露しています。
 さらに、今朝の最終追い切りは、芝コースで、なんと古馬OPエアジパングとの併せ馬が組まれました。しかも千田調教師騎乗のエアジパングが先行して、古川騎手騎乗のトゥルーラヴが追走するという大胆な内容。さすがに古馬オープンの壁は厚く、直線で並びかけてから突き放されてしまいましたが「トゥルーラヴにとっては、いい経験になったでしょうね」と、田中調教助手は満足な様子でした。
 マスコミの取材攻撃を浴びた古川騎手は「さすがにオープン馬が相手ですから荷が重かったけど、いいモノは持っていますよ。でも、初戦からというよりも使って次のほうがもっといいはず」とコメントしていました。
 今週のデビュー戦でどんな走りを見せてくれるのか、楽しみに待ちましょう。

08/19(木)  今朝の札幌競馬場、馬場開場時間午前5時半の気温21度、天候は晴れ。太陽の日差しは全開ですが、朝晩は北海道らしく爽やかな気候になっています。馬場状態はもちろん「良」です。
 追い切り明けのウイントゥルーラヴですから、今朝はもちろん運動のみで楽をさせてもらっていました。
 先週末日曜日、そして昨日と、併せ馬でハードに追われていますから反動が心配でしたが、「歩様は完璧。思っている以上に丈夫でしっかりしています」と、田中調教助手は順調を報告してくれました。
 今週の札幌日曜3R芝1200mの新馬戦に古川騎手で出馬投票をしますが、除外の可能性が少なからずあることだけが心配です。

08/20(金)  今朝の札幌競馬場、馬場開場時間午前5時半の気温21度、天候は晴れ。気持ちのよい青空が広がり、日中は北海道らしい爽やかな暑さです。まさに、今が馬にも人にもちょうどいい季節と言えそうです。馬場状態は「良」でした。
 今週の札幌日曜3R芝1200mでデビューが決まったウイントゥルーラヴ。昨日の抽選は除外の確率もかなりありましたから、まずは引きの強さを見せたと言うことができそうです。
 今朝は田中調教助手が騎乗して角馬場で時間をかけた乗り込みを丹念に行っていました。「いきなり勝てる、とは言いませんが、早い時期に勝ち上がれる馬だと思います」と、藤原英調教師も手応えを感じているようです。

2010.08.22 札幌 3R 2歳新馬 芝 1200 古川 吉洋 11時40分発走
最終的に15/20の抽選となり、結果、16頭だてで、出走が確定しました。

札幌はさすがに遠いですよ。なかなか口取り写真って取れないですねぇ・・・

んでもって、ストラテジーくんの方は、放牧にでました(^^;

【ウインストラテジー】

現在、福島県・岩瀬郡の天栄ホースパーク内、吉澤ステーブルにて調整中。ウォーキングマシンを60分、角馬場にてハッキングの後、坂路をハッキングにて1本消化しています。
 担当者は「鹿戸調教師からは脚元のムクミのことを言われましたが、ウチへ来た時には非常にスッキリとした状態でしたね。入念にチェックをしましたが、熱ひとつありませんでした。歩様にも違和感はありませんし、馬自身も気にしていない様子でした。先週一杯は角馬場だけで様子を見ていましたが、今週月曜日からは坂路に入れています。稽古後には、少し脚元に熱感が感じられますが、運動後の自然な熱感という感じですし、見た目にもスッキリとしていますので、心配は要らないと思います。ただ、念のため、アイシングとレーザーでケアは継続していきます。今後は様子を見て少しずつ調教量を増やし、ペースも上げていきたいと思っています。しかし、この軽めのメニューでも、柔軟さとフットワークの良さが伝わってくる馬ですね。能力は感じますし、しっかりと立て直したいと思います」と話していました

異常があるみたいでもなく、ほっと一安心。
しかし、育成牧場では(なんかウインの間ではイイ噂を聞かないんですがね、ココ)

・気持ちの面に関しては、相変わらず真面目に一生懸命走る姿が目に付きます。それと、やはりサンデーの血が入っているので、気は勝っているタイプだと感じます。この気性面をどう走りに向けさせるかということがカギになってくるでしょうね。
・馬の後ろにいると、それを追い抜こうとして、闘争心に火が付き、ガツンと行ってしまうんです。それを抑えようとすると首を上げて、イヤイヤをしてしまうという感じです。
・やはり日によって、コースでも頭を上げてしまうことがありますし、坂路でもそうです。この馬にとっては緩いペースで抑えられているだけになおさらそうなるんですが、そこはキッチリ覚えてもらわないと困ります。溜めて、弾けさせるということを教えていきましょう」と話していました。

これが、なぜ「自分から走ろうとしない」という事になるんじゃらほい?
どんな教え方をしたのか、知りたい所です(--;

やっぱり、ココで育成される馬は取ったらいけないんですかね?

今は吉澤ステーブルだから、今一度、立て直してもらいたいです(><)

スポンサーサイト

別窓 | 愛馬の話 | コメント:0 | top↑
<<今更に九州回顧録! | v(^^)コアラのマーチをぼりぼりぼり(^^)v | 蒸し風呂状態・・・>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| v(^^)コアラのマーチをぼりぼりぼり(^^)v |
copyright © 2006 v(^^)コアラのマーチをぼりぼりぼり(^^)v all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。